フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2012年5月18日号の主な記事
2011年福岡県・共同住宅着工ランキング
福岡県、2011年(1月〜12)のアパート(低層共同住宅)の着工動向と『業者別着工実績ランキング』がまとまった。2011年に県下で着工されたアパートは1187棟。リーマン・ショック後の09年、県下のアパート件数は、過去最低となる1133棟に大きく後退した。その後は徐々に回復をみせているが、1100棟台で推移し、従前と比べると、その水準は極めて低い。戸建て住宅が順調な回復ぶりを見せているのに対し、アパートは市場の飽和感もあり、低調推移となっている。『業者実績』の首位は4年連続となる大東建託。2位・積水ハウス、3位・大和ハウス工業で、上位3社は4年間不動。

 2011年、県下で着工されたアパートは1187棟。内訳は▽上半期528棟▽下半期659棟。下半期の伸び率は30・9%。10年比では1・1%の伸びとなっている。

 着工総数(1187棟)を商圏ブロック別にみると▽福岡都市圏591棟(全県に占める割合49・8%=以下同)▽北九州都市圏277棟(23・3%)▽筑豊地区109棟(9・2%)▽県南地区210棟(17・7%)。福岡都市圏で全県のほぼ半数が着工されている。


 [着工推移]

 1992年のバブル経済崩壊後、県下のアパート着工は1270棟まで落ち込んだ。その後は徐々に回復し、1996年にはピークとなる2137棟に達した。しかし、1999年に再び2000棟を割り込むと05年まで1700〜1900棟台で一進一退。06年は福岡、北九州の2大都市圏で堅調な動きを見せ、8年ぶりに2000棟台に乗せた。

 しかし09年は、リーマン・ショック後の急激な景気後退、金融機関の融資姿勢硬化、アパート市場の飽和感からアパート着工は、過去最低となる1133棟に激減した。1011年は増加に転じたものの、棟数は1100棟台の低調推移を余儀なくされている。

 商圏ブロック別の前年比は次の通り。

 ▽福岡都市圏

 福岡都市圏は前年比30棟減(-4・8%)。直近のピーク(06年1087棟)比では、ほぼ半減という状況となっている。都市圏内では、旧筑紫地区のみが前年比プラスとなっており、他地区はすべて前年水準を下回った。

 ▽北九州都市圏

 前年比14棟の微増(+5・3%)。主導の北九州市は前年比8棟減(-4・0%)と、ほぼ横ばい。遠賀郡と中間市が前年比でプラスとなっている。

 ▽筑豊地区

 前年比21棟増(+23・9%)。田川地区が大幅な伸び(+95・7%)を見せた。主導の飯塚地区は増減なし、直方地区は、ほぼ横ばいとなっている。

 ▽県南地区

 前年比では8棟の微増(+4・0%)。主導の久留米市は前年比7棟減(-8・3%)。大牟田市は前年比で倍増(24棟増)となった。

  2011年『アパート着工実績』の首位は、4年連続となる大東建託。今期は348棟を着工。前年比70棟の実績増で、2位を倍以上引き離している。08年以来、3年ぶりに300棟台の着工となった。ブロック別では▽福岡都市圏129棟(首位)▽北九州都市圏91(首位)▽筑豊地区25(首位)▽県南地区103棟(首位)。県下全ブロックで首位に立っている。

 2位は165棟の積水ハウス。前年比5棟の実績減。ブロック別では▽福岡都市圏75(2位)▽北九州都市圏57(2位)▽筑豊地区8棟(4位)▽県南地区25(2位)となっている。

 3位は80棟の大和ハウス工業。2位とは倍以上の開き。前年比36棟の実績減となった。ブロック別では▽福岡都市圏29(4位)▽北九州都市圏27(3位)▽筑豊地区1棟(9位)▽県南地区23(3位)となっている。

 4位は59棟の東建コーポレーション。10年比で23棟の実績減。上位3社は4年連続、上位4社は3年連続で不動。

 5位は48棟のセキスイハイム。前年比10棟の実績増で10年・7位からランクアップした。

 6位は36棟の上村建設。前年比8棟の実績減だが、3期連続で同順。

 7位は35棟のシノケンプロデュース。前年比8棟の実績増で、2期連続のベスト10入り。

 8位はインベスターズ。前年比2棟減の28棟を着工。3期連続で同順となった。

 9位は22棟の成斗工務店。前年比5棟の実績増で2期ぶりのベスト10入り。

 10位は21棟の直木建設。10年比11棟増でベスト10入りを果たしている。

 11位以下の主なビルダーは、大手メーカーでは、12位に15棟のパナホーム(前年比6棟減=以下同)19位に8棟の旭化成ホームズ(5棟増)がランクされた。

 地場のビルダーでは、12位に15棟の愛和地所(5棟増)14位に11棟を着工したアイケン建設(16棟減)、キミエコーポレーション(5棟増)、トマト建設(1棟増)の3社、18位に9棟のブイハウス(5棟増)がランクされている。

 この他、域外のビルダーでは、11位に19棟のレオパレス21(31棟減)17位に10棟のSBIプランナーズ(1棟増)がそれぞれランクされた。

←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright