フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2012年5月11日号の主な記事
「THE HOUSE大手町EMBLEM」好評

 東宝住宅()(北九州市小倉北区下到津4丁目、東憲和社長)は4月、シリーズ3棟目となる分譲マンション「THE HOUSE大手町EMBLEM」(北九州市小倉北区大手町、全63戸)を発売した。好評だったシリーズ2棟目の「大手町PREMIUM」(2月竣工)の購入を逃した顧客を含め、発売約1週間で申し込みが全戸数の5割に達した。北九州市でも人気エリアの大手町で、専有面積が最大で194u、素材や設備ともに高品質にこだわったつくりが、一定の需要層をとらえた。同社はPREMIUMに続くTHE HOUSE大手町第2章として販売を強化する。

  THE HOUSEシリーズは、同社が手掛けるマンションでも「邸宅品質」を追求したハイグレードの分譲マンションで、これまでに「足立三丁目」(2005年3月竣工)、「大手町PREMIUM」(12年2月竣工)の2棟を供給した。

 シリーズ3棟目の「THE HOUSE大手町EMBLEM」の場所は、北九州市小倉北区大手町113番で、2棟目の「大手町PREMIUM」に隣接。小倉北区役所や勝山公園、アルモニーサンクなどの公共施設に近い。良く整備された都心の利便性と広大な公園の伸びやかな空間を享受できる環境だ。


 この大手町について東宝住宅の井上正俊営業部長は、「小倉北区で最も人気の高いエリアで、過去10年ほどの間にいろんな業者さんが入ってずいぶんマンションが建った。私どもも何年も前から大手町でやりたいと考えていた」と語る。

 2棟目のPREMIUMと今回のEMBLEMの土地は、いずれも「味の街ウエスト」跡地で、同社が一括購入。「やっと手に入れた土地で、企画にも力が入った」(井上営業部長)。既に入居が始まっているPREMIUMの東側に並ぶ形で、EMBLEMが建設される。

 敷地面積1916・7u、延床面積9925・46u。専有面積は最大で194・35u(58)とPREMIUMより広くなり、大手町エリアのマンションでも最大級の広さがある。平均専有面積は110u(約33坪。)

 分譲駐車場39区画(48)を含む全63戸分の平置き駐車場を確保したほか、2台分の来客用駐車場を用意。分譲駐車場は殆んどが土地の高低差を利用した地下に設けられており、車を降りて雨に濡れずにエレベーターで住戸へ行くことができる。こうした配慮は、前のPREMIUMで得た経験からきている。

 「2棟目のPREMIUMでは、広い部屋から先に売れていって、80u規模の販売に少し時間がかかった。また機械式駐車場は避けたいというお客様が少なくなかった」(井上営業部長)。

 間取りは、2LDK(1戸)、3LDK(23戸)、4LDK(39戸)。価格は2400万円〜8050万円。最多販売価格帯は2800万円台と3200万円台の各5戸。上方階の角部屋など広い住戸から先に契約が進んでいるという。広い専有面積、完備された平置き駐車場が、一定の需要層のマインドを捉え、購入の決め手となっている。

 設備面では、新しい取り組みもある。全戸ペアガラスの採用は従来通りだが、オール電化や各戸にディスポーザーを設置するのは同社では初めて。環境への配慮をさらに一歩進めた。キッチンや床材、設備機器の変更など、ユーザーの希望に応じた仕様変更にも細かく対応する。

 現在、マンションギャラリー(販売センター)がある場所で6月に着工するため、同ギャラリーは5月半ばには解体。PREMIUMの1室をモデルルームにして、販売活動を進める計画。


 ▽所在地/北九州市小倉北区大手町13番▽交通/西鉄「九州厚生年金会館・ムーブ前」バス停徒歩約1分(30m)▽用途地域/商業地域▽地目/宅地▽建ぺい率/80%▽容積率/400%▽構造・規模/鉄筋コンクリート造地下1階、地上14階建▽総戸数63戸▽専有面積7297u〜194・35u▽バルコニー面積/1326u7956u▽駐車場使用料/月額1万5000円▽分譲駐車場価格/190万円〜460万円▽売主/東宝住宅()▽設計・監理/()ブラックステューディオ▽施工/福屋建設()▽竣工予定/2014年2月上旬▽入居予定/同3月中旬

←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright