フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2012年4月6日号の主な記事
カーサプロジェクト(株)糸島市にモデルハウスオープン

カーサプロジェクト()(東京都渋谷区神宮前5丁目、眞木健一社長)は、「casa+建築家」プロジェクト第一弾として「casa basso(カーサバッソ)」のモデルハウスを糸島市にオープンした。設計は福岡を中心に活躍する建築家の柳瀬真澄氏。軒(のき)の深い端正な外観が目を引く。数少ない平屋のモデルハウスで、佐賀、長崎、山口など県外からも来場があるという。同社は、「casa basso」を含め5人の建築家とのコラボレーションによる商品住宅を、全国330社の工務店ネットワークを通じて提供していく。価格を2000万円前後に抑え、優れたデザイン性と高品質の住宅の普及を目指す。

 カーサロジェクト()は、()槇(粕屋郡志免町南里3丁目)が昨年、設立。商品住宅「casa」シリーズの全国展開を推進している。「casa+建築家」では、福岡を中心に活躍する5人の建築家(大石和彦、松山将勝、柳瀬真澄、田中俊彰、井本重美の各氏)が5タイプの「casa」を提案する。同社は著名建築家との商品住宅開発をさらに進めており、最終的に約14タイプに増える見込み。

 柳瀬真澄氏による「casa basso」のモデルハウスの場所は、糸島市川付882で、()槇が運営する農産物直売所「伊都安蔵里」の敷地内にある。木造軸組金物工法による平屋建で、床面積は9389u(28坪)。耐震等級2、長期優良住宅に対応する。モダンな切妻屋根で、軒が1・20mと深い。夏の日差しを遮り、冬の日差しを取り入れ、塗り壁の外壁を守る。

 間取りは、9帖の主寝室と12帖の子ども室の他はキッチン、ダイニング、リビングがひとつながりの空間に配置されている。単に2LDKという言葉では表現できない豊かな空間の広がりがある。子ども室を2部屋に分けたり、主寝室を仕事室にしてSOHOとしての利用もできる。床は無垢のフローリング、屋根材に耐久性の高いガルバリウム鋼板を使用。浴槽、便器などにTOTOの上級クラス製品を採用した。

 価格は、1890万円(消費税込、リビングおよびダイニングの収納は含まず)。他の建築家による住宅も1760万円〜2200万円。建具などの工場生産による合理化や、現場作業をマニュアル化して工期を短縮するなど徹底したコストダウンを図るとともに、通常1015%かかる設計料をなくす画期的な取り組みで、建築家=高額な家という概念を払拭した。設計料は、まずカーサプロジェクトが建築家に支払う。同社はその図面を全国の工務店に販売。その一部が建築家に入る。

 「音楽制作会社が才能のあるアーティストのCDを制作・販売するのと同じように、優秀な建築家の図面を販売することで、建築家が相応の報酬を得る仕組み」(眞木健一社長)

 受注は各工務店の営業によるほか、モデルハウスを見た人やwebサイトからの注文をカーサプロジェクトが受けて打ち合わせし、建設地に最も近い指定工務店に発注。工務店は図面を購入して着工する。細部にわたる施工マニュアルも用意されており、工務店による品質や仕上げなどのばらつきを排除する。


 「casa basso」は、まず軽井沢と熊本県八代市で着工予定。眞木社長は、建替を考えている団塊世代にこそ「casa basso」を勧めたいという。

 「第二の人生を夫婦2人、暖かく快適な家で過ごすことができる。時期が来たら子どもたちが引き継ぐ。そうやってずっと家族に残してもらえたら本当に嬉しい」(眞木社長)。

 自社開発の「casa」シリーズから、今回、建築家と組んだ理由について、眞木社長は次のように語る。

 「住宅が多様化して、ユーザーはどこに頼んだら良いのか迷っている。私は、一番近い工務店で建てるのがベストだと思う。経費はかからないし、何かあったらすぐに駆けつけられる。問題は、その工務店がどんな家を建てているのかユーザーに分かりにくいこと。また、工務店が設計士を育てても、優秀な人ほど独立していく。こういった工務店の抱える問題を解決するにはcasa+建築家プロジェクトしかないと思っている。全国ネットワークを活かして安く資材を仕入れて、全国同じ価格、同じ構造躯体で建築できる。耐震等級なども計算済み。施工マニュアルも用意している。建築家が考え、工務店がつくり、不動産会社が売る、゙三者同盟゛ができればいいと考えている」。

 これまで福岡エリアでは同社(#槇)のみで施工していたが、指定工務店を増やす方針。指定工務店は、同社のモデルハウスやショールームなどに顧客を案内するなど、「共有できる部分は共有して、福岡県全体でcasaシリーズの総数を上げていきたい」(眞木社長)。

 工務店の着工棟数はネットワーク全体で約1万棟。このうち「casa」シリーズの占める割合をどこまで高めていけるか。可能性を秘めたプロジェクトが動き出した。


▼カーサプロジェクト()▽所在地/東京都渋谷区神宮前5-47-11青山アスタジオ402▽TEL/03(5786)9340▽FAX/03(5786)9341

()槇▽所在地/粕屋郡志免町南里3-12-1マキハウスビル▽TEL/092(936)0123▽FAX/092(936)0396▽

▼マキハウスフクオカショールーム▽所在地/福岡市中央区渡辺通4--36BiVi福岡4階▽TEL/092(735)2200▽FAX/092(735)2206

www.maki-web.co.jp

←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright