フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2012年2月24日号の主な記事
2011年7〜9月佐賀県業者別着工実績

 2011年第3四半期(7〜9月期)、佐賀市を除く佐賀県の『業者別着工実績』がまとまった。この調査は県下の各土木事務所に提出された「建築計画概要書」に基づいており、各データは「建築確認件数」をベースにしている。『業者実績』の対象となるのは「個人住宅(専用、併用住宅)の新築」のみで、増改築、共同住宅および商業施設などの非住宅などは含まれていない。「建替」は「新築」扱いとなる。なお、佐賀市のデータに関しては、1110月分より一部が公開されているため、今期以降は佐賀市のデータも反映した着工状況の分析、ランキングとなる。

  佐賀県、2011年第3四半期の建築確認総数は673件。前年同期比で7件増(+1・1%)でほぼ横ばいという状況。

 建築確認総数(673件)を地区別にみると▽佐賀地区148件(全県に占める割合22・0%=以下同)▽鳥栖地区188件(27・9%)▽唐津地区193件(28・7%)▽武雄地区144件(21・4%)。地区別の前年同期比は▽佐賀地区13件増(+9・6%)▽鳥栖地区1件減(-0・5%)▽唐津地区34件減(-15・0%)▽武雄地区29件増(+25・2%)となっている。

  個人住宅の総数は466件。「新築」が443件、「増築」が23件の内訳。「新築」の種別は▽一般(=注文住宅)347件▽分譲42件▽建替54件。建替率は12・2%となっている。

 前年同期比で総数の増減はなく、「新築」は6件増加(+1・4%)している。種別では▽一般13件減(-3・6%)▽分譲4件増(+10・5%)▽建替15件増(+38・5%)。「一般」は後退したが、「分譲」と「建替」の増加が新築件数を押し上げた。


  [個人住宅・新築]

 『業者実績』の対象となる「個人住宅・新築」(443件)を地区別にみると▽佐賀地区97(全県に占める割合21・9%=以下同)▽鳥栖地区151件(34・1%)▽唐津地区122件(27・5%)▽武雄地区73(16・5%)となっている。

 地区別の前年同期比は▽佐賀地区10件増(+11・5%)▽鳥栖地区14件増(+10・2%)▽唐津地区21件減(-14・7%)▽武雄地区3件増(+4・3%)

 唐津地区のみが減少しているが、佐賀、鳥栖地区は2ケタの増加となった。

2011年第3四半期、佐賀市を除く『業者別着工実績ランキング』の首位は32棟のセキスイハイム。地区別実績は▽佐賀地区3棟▽鳥栖地区15棟▽唐津地区10棟▽武雄地区4棟。

 2位はタマホーム。実績は23棟で▽佐賀地区3棟▽鳥栖地区7棟▽唐津地区4棟▽武雄地区9棟の実績内訳。

 3位は18棟の積水ハウス。鳥栖市の「弥生が丘」では分譲住宅の供給(4棟)も見られた。

 4位は13棟の昭和建設。同社の上半期の実績は13棟。四半期で半期分の実績を上げた。

 5位は10棟のプレースホーム(神埼市)と大和ハウス工業。大和ハウス工業は期首以降、8〜10棟の安定した実績。

 7位は9棟の実績で一条工務店と住友林業。一条工務店も9〜10棟の安定推移。

  9位は鳥栖市の「弥生が丘」で8棟の分譲住宅を供給した西鉄グループ。

 10位は7棟の実績でエースホーム(神埼市)、岩村建築資材(唐津市)、アルファ建築空間(鹿島市)、ミサワホーム、悠悠ホームの5社。

  今期供給された分譲住宅は42棟。地区別では▽佐賀地区3棟▽鳥栖地区27棟▽唐津地区10棟▽武雄地区2棟。

 地区別の前年同期比は▽佐賀地区1棟増▽鳥栖地区4棟増▽唐津地区3棟減▽武雄地区2棟増-唐津地区のみが減少している。

 『分譲住宅ランキング』の首位は鳥栖市の「弥生が丘」で8棟を供給した西鉄グループ。2位は岩村建築資材。地元の唐津市で7棟を供給した。

  3位は佐賀県初の進出となったトータテ都市開発。鳥栖市で5棟を供給している。4位は4棟の積水ハウス。「弥生が丘」で4棟の供給。

 5位は3棟のワウハウス九州。供給は鳥栖地区でのもの。6位には2棟のメモリー開発と笹川工建が並んだ。

←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright