フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2012年2月10日号の主な記事
2011年7〜9月 北九州都市圏着工実績

 本紙2月3日号に掲載した北九州市、遠賀・仲間、行橋・豊前地区の『業者別着工実績』(暫定値、地区累計)のまとめを公表する。この調査は北九州市建築指導課および北九州、京築の各県土整備事務所に提出された「建築計画概要書」に基づいており『業者実績』の対象となるのは「個人住宅(専用、併用住宅)の新築」のみで、増改築および共同住宅、非住宅などは含まれていない。なお「建替」は新築扱いとなる。また、今回は『分譲住宅ランキング』も併せて掲載する。

 2011年第3四半期、北九州都市圏の建築確認総数は1233件。直近のピークであった08年第3四半期(1224件)を上回り、四半期ベースでは前期(11年4〜6月期)の1231件に続き、2期連続1200件台の高い水準で推移している。

 前期、戸建住宅の件数は700件台に落ち込んだものの、商業施設などの非住宅の件数が大きく伸びたため、確認総数は1200件台に上伸した。今期は「住宅版エコポイント」「フラット35S」の予算満了に伴う「駆け込み需要」が戸建住宅の件数を950件まで押し上げ、総数が直近のピークを上回る結果となった。

 確認総数(1233件)を地区別にみると▽北九州市871件(都市圏全体に占める割合70・6%=以下同)▽遠賀・中間地区131件(10・6%)▽行橋地区174件(14・1%)▽豊前地区57(4・6%)。北九州市が7割超を占めている。

 地区別の前年同期比は▽北九州市53件増(+6・5%)▽遠賀・中間地区11件増(+9・2%)▽行橋地区11件減(-5・9%)▽豊前地区1件減(-1・7%)

  個人住宅の総数(新築+増築)は963件。「新築」が950件、「増築」が13件の内訳。「新築」の種別は▽一般(=注文住宅)700件▽分譲185件▽建替65件。建替率は6・8%となっている。

 前年同期比では、総数が41件増(+4・4%)で「新築」は55件増加(+6・1%)している。種別では▽一般100件増(+16・7%)▽分譲16件増(+9・5%)▽建替61件減(-48・4%)。「一般」「分譲」は増加したものの、「建替」は前年同期比で半減している。

 [個人住宅・新築]

 『業者実績』の対象となる「個人住宅・新築」(950件)を地区別にみると▽北九州市666件(都市圏全体に占める割合70・1%=以下同)▽遠賀・中間地区97(10・2%)▽行橋地区143件(15・1%)▽豊前地区44(4・6%)。「新築」件数も北九州市が7割超を占めている。

 地区別の前年同期比は▽北九州市51件増(+8・3%)▽遠賀・中間地区2件増(+2・1%)▽行橋地区2件減(-1・4%)▽豊前地区4件増(+10・0%)。北九州市を除き、各地区ともほぼ横ばいの状況となっている。 


←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright