フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2012年1月27日号の主な記事
福岡都市圏2011年第3四半期業者別着工実績

 本紙では「福岡県・業者別着工実績」の2011年第3四半期分(7〜9月期分)を1月13日から掲載しているが、本号の「旧筑紫・朝倉地区」で「福岡都市圏」分が終了。今回は同都市圏の「2011年第3四半期まとめ」と『業者実績』(第3四半期/地区累計/速報値)及び『分譲住宅ランキング』()を掲載する。

 2011年第3四半期、福岡都市圏の建築確認総数は2316件。四半期ベースでは2期連続の増加で、前年同期比336件増(+1・6%)となり、リーマン・ショック前の水準に回復している。

 個人住宅の総数(新築+増築)は1734件。「新築」が1695件、「増築」が39件の内訳。「新築」の種別では▽一般(=注文住宅)1122件▽分譲370件▽建替203件。建替率は12・0%となっている。

 前年同期比では「総数」が5件増(+0・3%)で「新築」は5件増加(+0・3%)で、ほぼ横ばい。内訳は▽一般1件減(-0・1%)▽分譲3件減(-0・8%)▽建替9件増(+4・6%)。各種別も横ばいの状況となっている。

 「個人住宅・新築」(1695件)を地区別にみると▽福岡市749件(都市圏全体に占める割合44・2%=以下同)▽糸島市85(5・0%)▽粕屋地区279件(16・5%)▽宗像地区168件(9・9%)▽旧筑紫地区351件(20・7%)▽朝倉地区63(3・7%)

 地区別の前年同期比は▽福岡市11件増(+1・5%)▽糸島市7件増(+9・0%)▽粕屋地区19件減(-6・4%)▽宗像地区/増減なし(0・0%)▽旧筑紫地区3件増(+0・9%)▽朝倉地区3件増(+5・0%)。粕屋地区のみが減少しているが、各地区とも増加幅はわずかで、ほぼ横ばい。


 [分譲関連]

 今期、福岡都市圏では370件の分譲住宅が供給された。2010年分譲住宅は四半期ベースで毎期増加しており、2010年第4四半期には419件が供給された。2011年第1四半期には反落し、341件まで後退した。しかし、その後は2期連続で増加し、300件台後半の高い水準での推移をみせている。

 地区別の供給状況は▽福岡市199件(都市圏全体に占める割合53・8%=以下同)▽糸島市17(4・6%)▽粕屋地区51(13・8%)▽宗像地区24(6・5%)▽旧筑紫地区63(17・0%)▽朝倉地区16(4・3%)。福岡市での供給が過半数を占めている。

 地区別の前年同期比は▽福岡市18件増(+9・9%)▽糸島市4件増(+30・8%)▽粕屋地区20件減(-28・2%)▽宗像地区2件減(-7・7%)▽旧筑紫地区9件減(-12・5%)▽朝倉地区6件増(+60・0%)となっている。

←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright