フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2010年10月8日号の主な記事
2010年上半期・福岡都市圏着工実績調査

 本紙では毎年2回、上・下半期に分けて『福岡県・業者別着工実績調査』を定期的に行っているが、2010年上半期(1〜6月)の実績調査は9月3日号の第1次「福岡市」からスタートし、9月24日号の「旧筑紫・朝倉地区」で「福岡都市圏」分が終了した。そこで、中間集計として同都市圏の『2010年上半期まとめ』と『業者実績』(上半期/地区集計)および『分譲住宅ランキング』を併せて掲載する。

 福岡都市圏における2010年上半期の建築確認総数は3772件。前期は過去最低水準に落ち込んだ09年上半期の反動で、弱含みながらも増加に転じた。しかし、今期は「戸建て新築」「アパート」とも前期比1割超の後退で、確認総数は再び4000件台を割り込み、前年同期に次ぐ、過去2番目の低水準。

 「個人住宅・新築」の総数は前期比で10・9%減。内訳をみると「一般(=注文住宅)」は後退しているが、「分譲」は2期連続の増加で4期ぶりの600件台にのせ、「建替」も2期連続の増加で4期ぶりに300件台に回復している。

『業者実績』の首位は6期・3年連続で積水ハウス。2位にタマホーム、3位がセキスイハイムとなった。


 また『分譲住宅ランキング』では一建設が前期に続き首位。2位・アーネストワン、3位・西鉄グループは2期連続の同順となっている。

  福岡都市圏の建築確認総数(3772件)を地区別にみると▽福岡市1831件(都市圏全体に占める割合48・5%=以下同)▽糸島地区(糸島市=以下同)193件(5・1%)▽粕屋郡548件(14・5%)▽宗像地区317件(8・4%)▽旧筑紫地区724件(19・2%)▽朝倉地区159件(4・2%)

 種類別では▽個人住宅・新築2684件▽アパート・新築272件▽その他816件(増築78件含む)となっている。

 前年同期との比較では、確認総数が316件増(+9・1%)で、種類別では▽個人住宅・新築266件増(+11・0%)▽アパート・新築4件減(-1・4%)▽その他54件増(+7・1%)。アパートが微減している。

 前期比では、確認総数が387件減少(-9・1%)している。種類別では▽個人住宅・新築327件減(-10・9%)▽アパート・新築33件減(-10・8%)▽その他27件減(-3・2%)。すべての種別が減少した。


 福岡都市圏の建築確認総数は、01年上半期に5000件台を割り込むと、その後は08年下半期まで4000件台を一進一退。08年9月のリーマンショックから景気は一気に後退局面に突入した。09年上半期は、この影響で確認総数は4000件台を割り込み過去最低水準に下落。前期、反動で増加に転じたものの、回復は弱含み。今期は「個人住宅」「アパート」ともに1割の減となり、総数は再び4000件台を割り込んだ。

 「個人住宅」の総数(新築+増築)は2762件。「新築」が2684件、「増築」が78件の内訳。「新築」の内訳は▽一般1771件▽分譲604件▽建替309件。

 前年同期比で、総数は267件増(+10・7%)で「新築」は266件増加(+11・0%)した。内訳は▽一般37件増(+2・1%)▽分譲151件増(+33・3%)▽建替78件増(+33・8%)

「一般」は微増に留まったが、「分譲」「建替」は3割超の増加となった。

 前期比では総数が314戸減(-10・2%)で「新築」は327件減少(-10・9%)している。内訳は▽一般360戸減(-16・9%)▽分譲8件増(+1・3%)▽建替25件増(+8・8%)。「一般」は減少に転じ、「分譲」「建替」は微増している。


 [分譲関連]

 今期、福岡都市圏で供給された分譲住宅は604件。地区別では▽福岡市297件(都市圏全体に占める割合49・2%=以下同)▽糸島地区22(3・6%)▽粕屋郡84(13・9%)▽宗像地区35(5・8%)▽旧筑紫地区157件(26・0%)▽朝倉地区9件(1・5%)

 分譲住宅、直近のピークは07年下半期の720件。その後は3期連続で減少していたが、09年上半期の453件で底を打ち、今期まで2期連続の増加。4期ぶりに600件台まで回復した。

 前年同期および前期水準との増減をみると、前年同期比で増加している地区は▽福岡市45件増(+17・9%)▽糸島地区7件増(+46・7%)▽宗像地区13件増(+59・1%)▽旧筑紫地区96件増(+157・4%)の4地区。

 前期比では▽糸島地区12件増(+120・0%)▽宗像地区3件増(+9・4%)▽旧筑紫地区44件増(+38・9%)▽朝倉地区3件増(+50・0%)の4地区が増加している。

 今期は旧筑紫地区で「パインパークガーデン」(春日市)「フォレストガーデン二日市むらさき」(筑紫野市)、西鉄グループの「コットンヒルズ」シリーズなどでの供給により、同地区では00年以降で最多の分譲住宅(157件)が供給された。

  


←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright