フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2010年8月27日号の主な記事
「プレミスト千早タワーツインマークス」9月販売開始

 大和ハウス工業()、第一交通産業()は7月29日、福岡市東区のJRと西鉄の千早駅前に建設している総518戸のオール電化大型分譲マンション『プレミスト千早タワーツインマークス』のモデルルームをプレス関係者に公開した。9月から販売を始める予定。物件は全国でも珍しい大規模マンションの再生事業で、九州初の駅前31階建ツインタワーの超高層免震分譲マンション。価格は1000万円台〜7000万円台になる模様。500戸規模の大型マンションの販売動向とともに市場の活性化が注目される。完成は来年4月〜9月の予定。

 『プレミスト千早タワーツインマークス』は、「旧ロイヤルアーク千早ザ・タワーズ」として、2008年1月から前事業者である栄泉不動産、第一交通産業、大和システムの3社で開発、販売されていたが、幹事会社栄泉不動産の民事再生法の申請に伴って、約1年間、工事が中断していた物件である。


 大和ハウス工業は昨年11月、前事業者の3社から事業を継承。今年の1月、大和ハウス工業と第一交通産業が共同事業で合意し、マンションの名称を変更して2月から工事を再開した。事業比率は75%と25%。大和ハウス工業にとって九州で初のマンション再生事業になる。現在、工事は31階の鉄筋・型枠施工中など全体で約50%進んでいる。

 物件の場所は、JR鹿児島本線「千早」駅、西鉄貝塚線「西鉄千早」駅から徒歩2分、香椎副都心土地区画整理事業地内にある。近隣には小、中学校や公共施設、スーパーなど生活利便施設が徒歩圏内に揃って便利なところ。

 建物は約9000uの敷地に、延床面積が約7万2900uの、鉄筋コンクリート造31階建2棟(南側・エアタワー、北側・ブライトタワー)、8階建1棟(センターレジデンス)、鉄骨造8階建1棟(駐車場)の4棟からなる。

  物件は、総合設計制度の活用で容積率の緩和(約554%)となり、31階建、518戸の大規模マンションの開発が可能となった。また、総合設計制度に基づき、マンションに隣接する千早並木広場や区画整理で歩道などがきれいに整備されている。


  総518戸(他に店舗5区画)の内訳は▽エアタワー250戸▽ブライトタワー250戸、店舗4区画▽センターレジデンス18戸、店舗1区画。店舗は1階。駐車場台数は、平面駐車場479台、機械式50台合わせて529台になる。

 住戸の間取りは、1LDK〜4LDKで、専有面積が5479u(1LDK)〜144・99u(3LDK)。プランニングに関しては、ニューファミリー世帯を中心に若い世代からシニアまで幅広い世代に受け入れられるようにしている。31階建の2棟は、将来プラン変更ができるS・I(スケルトン・インフィル)工法を採用。

 オール電化仕様のマンションは、共用サービス面で24時間有人管理やコンシェルジュサービスを予定。セキュリティでは、エントランスのTVモニター付オートロック・EVホール・玄関でのトリプルセキュリティ体制を採用するなど、安心・安全面に配慮している。

 また、1階にベーカリーカフェサービスや18階にスカイラウンジ、ゲストルームをはじめ、ブライトタワー2階にフィットネスジム、リフレッシュサロンなどいろいろな共用施設を提供。入居者のマンションライフの充実を図っている。

 モデルルームは、近くのマンションパビリオンに、専有面積が約86u、約107u、約144uの3室を用意。最上階の約144uの住居は、約37帖のLDKをはじめ広々とした住空間を提案している。価格は7000万円台の予定。


 再生事業で500戸規模の大型物件を供給する大和ハウス工業は、福岡都市圏のマンション市況について2007年以降大幅な減少傾向が続いているが、今年に入ってかなり在庫調整が進んでおり、昨年来、同社で供給している春日公園、平尾浄水や現在販売中の西新(7月29日現在、残5戸)も好調に推移していることから今後、「福岡都市圏においても回復が鮮明になるものと考えている」(同社)。

 今回の事業地内では、大和ハウス工業が2005年に「 Dグラフォート千早ステーションレジデンス」(220戸)、第一交通産業が2006年に「アーバンパレス千早ネオステージ」(68戸)をそれぞれ分譲している。

 大和ハウス工業は現在、北九州市小倉北区のJR西小倉駅前の再開発事業でオール電化の41階建、145・7mの九州最高層のタワーマンション「小倉D.C.TOWER」(北九州市小倉北区室町、総195戸)を販売しており、相次ぐ大型マンションの供給で福岡・北九州におけるマンション市場の活性化が期待される。


  ▼『プレミスト千早タワーツインマークス』マンションパビリオン

 ▽TEL/0120(783)700

 ▽営業時間/10001900

 ▽定休日/火曜・水曜日

 〔建物の概要〕

▽物件名/プレミスト千早タワーツインマークス▽所在地/福岡市東区香椎副都心土地区画整理事業地内43街区1(仮換地指定位置)▽交通/JR鹿児島本線「千早」駅・西鉄貝塚線「西鉄千早」駅徒歩2分▽敷地面積/9095・64u 

▽延床面積/7万2907・07u▽構造・規模/鉄筋コンクリート(RC)造(一部S造)4棟建▽事業主/大和ハウス工業()、第一交通産業()▽販売代理/住友不動産販売()▽媒介/エース不動産()▽設計・監理/日建ハウジングシステム、アール・アイ・エー設計監理共同企業体▽施工/()大林組九州支店▽入居予定/2011年7月(エアタワー・センターレジデンス)、2012年2月(ブライトタワー)

 


←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright