フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2009年8月7日号の主な記事
2009年1〜3月県南地区業者別着工実績
 本紙は『福岡県・業者別着工実績調査』の2009年第1四半期(1〜3月期)分を6月26日号から掲載しているが、本号の「久留米・八女地区」と「柳川・大牟田地区」掲載に伴い「県南地区」分が終了した。そこで中間集計(暫定値)として、同都市圏の「09年第1四半期まとめ」と『業者実績』(第1四半期/地区累計)および『分譲業者ランキング』を掲載する。
 09年第1四半期、県南地区の建築確認総数は692件。前年同期(08年1〜3月期)比で74件減少(-9・7%)している。確認総数は、改正建築基準法施行直後の07年第3四半期(742件)を下回り、過去5年での最低水準に下落している。また、四半期ベースで確認総数が700件を割り込んだのは、02年以降では初めて。
「個人住宅」の総数は520件。「新築」が493件、「増築」は27件。「新築」は▽一般342件▽分譲54件▽建替97件。「建替」が100件を割り込み、02年以降での最低水準に下落した。
前年同期比では、総数が19件減(-3・5%)で、「新築」は23件減少(-4・5%)している。
 種類別にみると▽一般38件増(+12・5%)▽分譲33件減(-35・3%)▽建替28件減(-22・4%)。

 [個人住宅・新築]
『業者実績』の対象となる「個人住宅・新築」(493件)を地区別にみると▽久留米市162件(県南地区全体に占める割合32・9%=以下同)▽小郡地区69件(14・0%)▽八女地区72件(14・6%)▽柳川地区122件(24・7%)▽大牟田市68件(13・8%)。
 地区別に前年同期と比較すると▽久留米市24件減(-12・9%)▽小郡地区1件増(+1・5%)▽八女地区43件減(-37・4%)▽柳川地区27件増(+28・4%)▽大牟田市16件増(+30・8%)となっている。主導の久留米市および八女地区が減少。柳川地区、大牟田市は約3割増加している。

09年第1四半期、県南地区『業者実績』の首位はタマホーム。実績は36棟。実績内訳は▽久留米市15棟▽小郡地区3棟▽八女地区8棟▽柳川地区6棟▽大牟田市4棟。実績の内には2棟の分譲住宅着工実績が含まれている。
 2位は20棟の実績で積水ハウス。県南地区全域で実績を残している。
 3位は18棟の実績で昭和建設と大和ハウス工業が並んだ。昭和建設は久留米市ではタマホームに次ぐ実績(12棟)を上げた。大和ハウスは久留米市で3棟の分譲住宅着工実績がみられた。
 5位は17棟の実績で石橋技研と西鉄グループ。石橋技研はすべて柳川市での貸家の着工実績。西鉄グループは小郡地区での分譲住宅着工実績。
 7位は16棟の実績でセキスイハイム。8位は11棟の実績で住友林業。前年同期比で5棟の実績増。
 9位は9棟の実績で川崎ハウジング、パナホーム、駅前不動産グループの3社。駅前不動産グループは前年同期比で3棟の実績増。
0
9年第1四半期、県南地区で供給された分譲住宅は54件。前年同期比で33件減少(-37・9%)。4割近く後退し、07年第2四半期以来の50件台となっている。
 地区別にみると▽久留米市23件(県南地区全体に占める割合42・6%=以下同)▽小郡地区20件(37・0%)▽八女地区5件(9・3%)▽柳川地区2件(3・7%)▽大牟田市4件(7・4%)。久留米市と小郡地区で県南地区全体の8割近くが供給されている。
 地区別の前年同期比は▽久留米市21件減(-47・7%)▽小郡地区2件減(-9・1%)▽八女地区10件減(-66・7%)▽柳川地区/増減なし▽大牟田市/増減なし。主導の久留米市がほぼ半減している。
『分譲住宅ランキング』の首位は西鉄グループ。小郡地区の「美鈴が丘」、「美鈴の杜」などで17棟の分譲住宅を供給した。2位は9棟の実績で川崎ハウジング。すべて久留米市内での実績。3位はワウハウス。実績は7棟。久留米市を中心にミニ開発を展開している。
 4位は大和ハウス工業とTAKASUGI(熊本市)。実績は両社とも久留米市での3棟。6位は2棟の実績でタマホーム、一建設、駅前不動産グループとなっている。
←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright