フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2009年7月3日号の主な記事
(株)槇が「カーサ不動産ネットワーク」を構築

 ()槇(粕屋郡志免町南里3-12-1、眞木健一社長)は、同社の商品住宅『casa cube(カーサキューブ)』の販売網となる「カーサ不動産ネットワーク」を構築。不動産会社、建売住宅会社、マンションデベロッパーと提携して、窓のない白い四角四面の家『カーサキューブ』の販促強化を図っていく方針。提携する会社にメリットがあるため、新たなビジネスモデルとして注目されている。当面、福岡で年間200棟の販売を目指す。

 槇は4月に「カーサキューブ天神モデルハウス」を福岡市中央区今泉2丁目の国体道路沿いにオープンした。高層マンションを背後にして目立ち、しかも、福岡の中心地である天神に近いこともあって現在、来場者数は、平日で約50組、土曜・日曜になると倍増の約100組と賑わう。


 「カーサキューブ天神モデルハウス」は、カーサキューブシリーズのなかで、基本となる「カーサキューブ1」で、建物面積が105・6・(3194坪)、本体価格は1280万円(税込1344万円)。30坪の土地があればできる。

 モデルハウスの来場者は、「カーサキューブを見て気に入るが、大半が土地なしのため、早めに建築できない」というジレンマのような状況にある。この解決策として同社は、仲介業を営む不動産会社、建売住宅会社、マンションデベロッパーと提携し、カーサキューブを販売していくことにした。


 一般的に通常の住宅を建てるときは、顧客に土地を紹介して、その土地に合わせて建物を建てるが、カーサキューブの場合、逆に建物があって、その建物にマッチする土地を探すという形になる。槇は現在、約800件の土地なし顧客を抱えているため、土地情報の収集は、大きなポイントになっている。

 この土地問題を解決するため同社は、5月に福岡市内のホテルで、業者を対象にした事業説明会を開催。地場の仲介業を営む不動産会社を中心に建売住宅会社、マンションデベロッパー約50社に対し、カーサキューブの低コスト、人気の要因と合わせて5つのビジネスを提案した。

 5つのビジネスの1つは、カーサキューブの仲介として土地を探す。2つ目は、売れ残った土地70坪程の土地を2つに分けて販売するミニ開発。3つ目は、建売住宅会社が土地を購入して、カーサキューブを建売住宅として建てる。


  4つ目は、マンションデベロッパーによる連棟式カーサキューブ。これは2棟のカーサキューブを建て、全て連棟にして、分譲マンションと同じように、2棟区分所有で販売する方式。5つ目は、カーサキューブを戸建賃貸住宅にするやり方。

 この5つのビジネスのメリットは、例えば仲介業を営む不動産会社の場合、カーサキューブの紹介料3%とともに手数料も入る。また、建売住宅会社やマンションデベロッパーが、カーサキューブをまとめて建てると1015%の割引可能となり、モデルハウスは新たに建てず、福岡市中央区今泉2丁目のモデルハウスを利用できる。

 カーサキューブの低コストの要因については、「土地と建築のコストが低いことによる」(眞木社長)。福岡で住宅の土地を購入する場合、通常50坪〜60坪程のケースが最も多いが、カーサキューブを建てるときは、30坪あれば済むため土地の総額を低く抑えることができるわけだ。


 建築コストは、カーサキューブの場合、「材料費、人件費、会社の利益の3つに分けられる」(眞木社長)が、材料費については、全国で約170に及ぶ工務店のネットワークで、カーサキューブを展開しているため、すべて同じ品物を大量に仕入れることで、コスト低減を図ることができる。

 人件費については、カーサキューブの工期が、通常の住宅の1/3、約35日で完成するため、大工など住宅建設に携わる人件費が、通常の住宅建設に比べて少なくて済む。

 会社の利益については、カーサキューブは商品住宅として完成しているため設計士や見積りなどが不要で2カ月あれば全部出来上がり、1カ月当たりの利益額は、通常の注文住宅に比べても良好である。

  また、マンションは、完成するまで1〜2年程かかるが、カーサキューブなら工期が短いことから回転が速く、金融機関の融資も受けやすい。

 こういった内容の事業説明会で「カーサキューブの魅力を改めて感じてもらった。事業説明会以後、土地の情報や売れ残った土地に計画する案件などがずいぶん増えた」(眞木社長)そうだ。

  槇は今後、カーサキューブ取扱店という形のネットワークの構築がポイントになってくることから「カーサ不動産ネットワーク」を立ち上げて、マンション購入層を主な対象に、当面「年間200棟」の販売を目指す。


 〔会社案内〕

 ▽商号/株式会社槇▽資本金/3750万円▽設立/昭和62年4月24日▽代表取締役/眞木健一▽本社/粕屋郡志免町南里3-12-1マキハウスビル▽ショールームギャラリーマキハウス/福岡市中央区渡辺通4--36BiVi福岡4F▽ミラノデザインオフィス/Via Cola Montano 40 20159 Milano Italia▽事業内容/建設業、不動産業、コンサルティング業、一級建築士事務所▽取扱商品/注文住宅、商品住宅、マンションリノベーション、特殊建築、戸建賃


←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright