フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2007年6月27日号の主な記事
「シンプルライフ吉志」多彩な企画等で集客力強化

 北九州市新門司の大型団地『シンプルライフ吉志』(北九州市門司区吉志新町、600戸)は、6月7日〜22日の約2週間、「吉志あじさい祭り」を開催して、新モデルハウス6棟を一般公開した。期間中は「父の日」、「母の日」といった購入層を引き付ける多彩なイベント等で集客を図りながら、建築条件付宅地160区画を分譲している。団地では新門司地区複合公共施設に続いて、3月にオープンした住民参加型の多目的に使える「吉志すまいる公園」が好評だ。今後、北九州地区に集積している自動車関連産業の潜在的需要層を如何に取り込んでいくか注目される。ハウスメーカーは14社。

 人を集めることが先決である分譲団地では、いずれも様々な方法を使っているが、「吉志あじさい祭り」においては、購入層の主力となる小さい子どもを持つ30代前半の世代をターゲットにした多彩なイベントを開いて集客を図った。


 例えば、6月7日・8日は、先着順に花と小鉢とグリーンランドの入場券のプレゼントをはじめ、ゲキレンジャーとのゲームや記念撮影会、フードコート、ザリガニつり、九州電力と西部ガスの体験コーナーなどで賑わった。

 6月14日・15日は、「父の日」に「お父さん感謝祭」を開催。景色の良い海や山を眺めながら団地内を家族そろって歩く「健康ウォーク」、お父さんのための「血液サラサラ健康チェック」など。6月21日・22日は「素敵なお母さん応援フェア」などを開いた。

 団地では、子どもから大人まで楽しめるイベントを開催して集客を図ると同時に、建売を兼ねた新モデルハウス6棟を一般公開して、各ハウスメーカーの特徴や得意分野を披露しながら分譲宅地の販売に力を入れている。


  新モデルハウスは、前回と同じ吉志新町3丁目の丘陵地に位置にしており、特に晴天の日は、周防灘、新門司港、新北九州空港といった海の景色や緑の山を見渡せる良好な場所。フェリーと飛行機の両方を見える団地も珍しい。

  団地では、需要喚起へ向けて北九州地区に集積するトヨタ、日産の自動車関連産業界への営業活動も活発化させており、来年3月には日産車体の工場も稼動することから潜在的な需要は大きいとみられる。それだけに団地のPRは欠かせない。

 現在、団地では、建築条件付宅地160区画を分譲している。土地が201・33u(61坪、1区画)〜817・93u(247坪、1区画)で、価格は835・6万円(1区画)〜3172万円(1区画)、最多価格帯が900万円台(49区画)。

 ハウスメーカーは三洋ホームズ、スウェーデンハウス、住友林業、セキスイハイム九州、積水ハウス、大和ハウス工業、辰巳住宅、谷川建設、東宝ホーム、都市空間、トヨタホームつくし、なかやしき、パナホーム北九州、ミサワホーム九州の14社。


▽所在地/北九州市門司区吉志新町1丁目他▽交通/西鉄「東部農協前」バス停徒歩約3分▽開発総面積/約34áf▽計画戸数/約600戸▽用途地域/第1種低層住居専用地域・第1種住居地域▽地目/宅地▽建ぺい率/40%(第1種低層住居専用地域)60%(第1種住居地域)▽容積率/60%(第1種低層住居専用地域)200%(第1種住居地域)


←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright