フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2008年5月30日号の主な記事
2007年・福岡県分譲住宅着工ランキング
 2007年の『福岡県・分譲住宅着工実績(07年1月〜12月、建築確認概要書・建築主=業者名)ランキング』がまとまった。首位は西鉄グループ(西日本鉄道、西鉄不動産、西鉄建設)。実績は262棟。2位以下を大きく引き離し7年連続で首位の座を堅持した。また、2位と3位は前年と同じく、一建設とアーネストワン。2位の一建設は06年の着工実績(211棟)から121棟へと絞り込み。アーネストワンも160棟から102棟へ供給調整・4位には90棟の実績でタカスギグループがランクインしているが、中核のタカスギホームは4月上旬大阪地裁に自己破産を申請した。
 07年に福岡県下で供給された分譲住宅は2086棟。06年は2111棟が新規で供給され、過去10年での最高水準をマーク、07年も2086棟が供給され、依然として高水準を維持している。

 商圏ブロック別にみると▽福岡都市圏1300棟(全県に占める割合62・3%=以下同)▽北九州都市圏385棟(18・5%)▽筑豊地区113棟(5・4%)▽県南地区288棟(13・8%)。福岡都市圏での供給が全県でのほぼ3分の2を占めている。
 ブロック別の前年比では▽福岡都市圏69棟減(-5・0%)▽北九州都市圏24棟減(-5・9%)▽筑豊地区71棟増(+169・0%)▽県南地区3棟減(-1・2%)。

 福岡都市圏は5年連続の増加から減少。北九州都市圏は06年に大幅な伸びをみせたが、07年は若干後退。県南地区は2年連続の増加から減少に転じている。筑豊地区は前年比で大幅に伸びている。要因は、西日本鉄道の7年ぶりとなる筑豊地区での供給とタカスギグループの大幅供給増。

 07年・福岡県『分譲住宅ランキング』の首位は、実績262棟で西鉄グループ。グループの内訳は▽西日本鉄道237棟▽西鉄不動産21棟▽西鉄建設4棟。前年比22棟の実績増(+9・2%)。04年から3年連続で実績を伸ばし、県下では7年間、首位の座を堅持している。商圏ブロック別の実績は▽福岡都市圏83棟▽北九州都市圏56棟▽筑豊地区27棟▽県南地区96棟。福岡都市圏では旧筑紫地区を軸に実績増(+33・9%)。北九州市都市圏では実績減(-35・6%)。県南地区は、ほぼ前年並み(+5・5%)。筑豊地区では7年ぶりに実績を残している。
 2位は121棟の実績で一建設。前年比90棟の供給減(-42・7%)だが、2年連続で2位に付けた。福岡市内では56棟の実績を残し、8位の飯田産業九州と並び供給棟数はトップに立っている。
 3位はアーネストワン。実績は102棟。2年連続で3位。福岡都市圏中心の展開で、前年比では58棟の実績減(-36・3%)。福岡市内での供給(55棟)は、一建設、飯田産業九州に次ぐ。
 4位は90棟の実績でタカスギグループ。筑豊ではトップの43棟の実績を残した。
 5位はトータテグループ。実績は84棟。福岡都市圏で55棟、北九州市で29棟を供給。前年比48棟の実績増(+133・3%)。昨年11月、西室見開発から「イトーピア彩都」(現ヴェルシーズン室見が丘)を買収しており、今後の展開が注目される。
 6位はアスト。実績は83棟。福岡都市圏の糸島、粕屋地区を中心に展開。両地区での供給(糸島地区/29棟、粕屋地区/34棟)は、最多となっている。
 7位は80棟の実績で大和ハウス工業。「ウェリスパーク新宮 杜の宮」(粕屋郡新宮町)で19棟、また「東急ガーデンヒルズ希みが丘」(小郡市)での着工もみられた。この他、北九州市内での積極的展開により、前年10位からランクアップしている。
 8位には川崎ハウジングと飯田産業九州が77棟の実績で並んでいる。川崎ハウジングは県南地区から徐々に北上し、07年は旧筑紫地区でも13棟、福岡市内でも1棟の実績を残している。飯田産業九州はランキング初登場。福岡市での供給(56棟)は一建設と並んで最多。
 10位は積水ハウス。実績は66棟。前年比で33棟の実績減(-33・3%)でランクも後退。福岡(26棟)、北九州市(23棟)で実績の4分の3をあげている。
←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright