フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2008年5月2日号の主な記事
葛纉dホームセキュリティー独自のサービス展開
 九州電力グループの葛纉dホームセキュリティ(QHS/福岡市中央渡辺通2-4-8福岡小学館ビル2F、粟屋茂社長)は、住宅メーカー等に対して、同社独自のホームセキュリティサービスを展開しているが、今回、大和ハウス工業#が開発した戸建団地『風花のまち』(久留米市諏訪野町、7区画)の建売住宅全7戸にホームセキュリティを搭載した。現在登録受付中の建売住宅は、次世代給湯器エコキュートとIHクッキングヒーターを採用したオール電化住宅で、ホームセキュリティとともに差別化を図っている。
QHSのホームセキュリティを採用した戸建団地「風花のまち」は、久留米市諏訪野町字屋敷2217-1他で、西鉄天神大牟田線久留米駅から徒歩約8分。 周辺には商業施設をはじめ学校、銀行、病院など生活利便施設が揃う。
 開発面積は、約1240u、総区画数が7区画の小規模団地で、用途地域は第1種住居地域、建ぺい率が60%、容積率は200%。建物は6月完成、8月入居の各予定となっている。建売住宅は6月1日まで登録を受付て、6月8日抽選会を行う。
 建売住宅には、QHSの「ホームセキュリティサービス」と「明るくナイトサービス」が付いている。最近の住まいづくりにおいて「安全、安心、快適」は、時代の要請でもあり、また消費者のニーズも高い。

 QHSの「ホームセキュリティサービス」は、宅内に設置された各種のセンサーが侵入者等を検知すると、宅内の異常を即座にメールで通知するとともに設置しているカメラの画像で宅内の状況を外出先から確認できる。
 さらに、必要なら九電ホームセキュリティと提携している警備会社の「にしけい」に、24時間いつでも警備員の駆け付けを要請できる。このようにQHSのホームセキュリティは、異常検知から即応力に富む新しいタイプのホームセキュリティである。
 また、「明るくナイトサービス」は、外出先から携帯電話やパソコンで、宅内の照明やエアコンなどのスイッチのON・OFF操作ができる。帰宅する前に携帯電話で照明をONにすることによって在宅の模擬から防犯にもつながる。
 こういった警備の即応力に富むホームセキュリティを採用した建売住宅7戸の土地は、137・04u(40坪、1戸)〜161・42u(48坪、1戸)、建物が113・59u(34坪、1戸)〜117・07u(35坪、1戸)で、価格は4360万円(1戸)〜4790万円(1戸)、最多価格帯が4600万円台(3戸)。
 建物はホームセキュリティとともにオール電化住宅である。給湯器は割安な夜間電力を使って、光熱費を節約できる高効率・省エネのエコキュートを採用した。また、リビングには、5・1chホームシアターを設置している。
 ▼(株)九電ホームセキュリティ
 ▽住所/福岡市中央区渡辺通2-4-8福岡小学館ビル2F
 ▽TEL/092(739)0808
 ▽FAX/092(739)0809
←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright