フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2008年4月11日号の主な記事
2007年下半期・北九州都市圏着工動向

 「福岡県・業者別着工実績調査」の2007年下半期(6〜12月期)の北九州市、遠賀・中間、行橋・豊前の各地区が終了したのに伴い「北九州都市圏」の2007年下半期まとめ」および『業者実績』(下半期/地区累計)、並びに『分譲住宅ランキング』(同)を掲載する。この調査は、北九州市建築審査課、北九州土木事務所(遠賀郡、中間市)、行橋土木事務所(行橋市、京都郡)、豊前土木事務所(豊前市、築上郡)に提出された「建築計画概要書」に基づいており、『業者実績』の対象となるのは「個人住宅(専用、併用住宅)の新築」のみで、増改築、共同住宅および非住宅などは含まれない。なお、「建替」は新築扱いとなる。

 07年下半期、北九州都市圏の建築確認総数は2105件。前年同期(06年下半期)及び前期(07年上半期)水準をともに下回っている。「個人住宅・新築」は1462件。前期は過去10年での最低水準に下落したが、当期は若干持ち直している。 「アパート・新築」は211件。前年同期水準には及ばないが、前期水準は上回っている。しかし、対前期の伸び率(+7・7%)は、00年以降で最も低い。


 北九州都市圏の『業者実績』首位は積水ハウス。前期に引き続き、首位の座を堅持。2位は大和ハウス工業。3位はタマホーム。昨年11月から北九州エリアの販売代理店がグループを離脱したため、実績は後退している。 4位は63棟の実績でセキスイハイム。05年下半期から60件台を一進一退し、伸び悩んでいる。

 5位は辰巳開発グループ。実績は61棟。八幡西区で31棟、「どんぐり村」(遠賀郡)で24棟の実績。両地区で大半の実績を挙げている。

 6位は59棟の実績でミサワホーム。前期は9位(28棟)まで後退したが、下半期は、対前期比で倍以上の実績を挙げ、6位までランクを戻した。

 7位は44棟の実績で東宝ホーム。北九州市の住宅団地での「分譲」および「売建」を軸に実績を挙げた。ランクは徐々に上昇中。

 8位はパナホーム。2期連続で50棟台の実績を残していたが、当期は35棟まで後退している。

 9位は谷川建設。実績は31棟。ランクダウンしている。

 10位は30棟の実績で住友林業。3期連続で同順。実績は20棟から30棟台で一進一退している。


←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright