フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2007年2月9日号の主な記事
福岡県下民間分譲マンション需給動向・12月
2006年12月期(12月1日〜31日)の福岡県・民間分譲マンションの需給動向がまとまった。(関係数値は追加調査などにより調整している) 12月期に県下で供給された分譲マンションは6262戸。内訳は11月期までの繰越在庫が5993戸、繰越在庫は8ヵ月連続5000戸台で推移している。

 12月期の新規供給が269戸。販売は889戸で▽繰越在庫分798戸▽新規供給分91戸の内訳。平均販売率は14・2%となっている。 11月期の新規供給は福岡市で6棟・242戸、北九州市で1棟・27戸。
当月の完売物件は14棟。福岡市で9棟。福岡周辺都市部で2棟、北九州市で3棟が完売している。 12月末時点での残戸数は5373戸。前月比で620戸減少、前年同月比では867戸増加している。

 福岡県における1月から12月までの需給動向累計(速報値)は、総供給戸数1万4762戸に対し販売9389戸で販売率は63・6%であった。 福岡市・12月期の総供給戸数は2817戸。内訳は▽繰越在庫2575戸▽新規供給242戸。販売は417戸で▽繰越在庫分344戸▽新規供給分73戸の内訳。
 平均販売率は14・8%であった。月末残戸数は2400戸で前月比175戸減少、前年同月比では150戸増加している。 12月期の完売物件では「アーサー香椎プレッソ」(アーサーヒューマネット、44戸)、「シティハウス室見リバーサイドコート」(住友不動産、15戸)、「ル・サンク西新6丁目」(NIPPOコーポレーション、29戸)、「グランディア百道浜通」(グランディア、16戸)など14棟。
 当月の新規供給は実需型では「アーサー名島リバーパーク」(アーサーヒューマネット、39戸)、「グランドメゾン鳥飼弐番館」(積水ハウス、14戸)、「同大濠西」(同、11戸)。投資型物件では「エンクレスト薬院」(えん、65戸)、「ピュアドーム高宮イースト」(シックス、35戸)、「エステムコート博多・祗園ツインタワー・ファーストステージ」(福岡日商エステム、78戸)の3棟が供給されている。
 福岡日商エステムは10月に続き2棟目の供給。 福岡市12月期までの需給動向累計(速報値)は、総供給戸数7600戸に対し販売5200戸で販売率は68・4%となっている。

 福岡市周辺都市部(筑紫野市、太宰府市、久留米市など)の12月期における供給戸数は1742戸、新規供給はなく、すべて繰越在庫。販売は327戸で販売率は18・8%。
1月末時点での残戸数は1415戸。前月比291戸減、前年同月比では398戸増加している。 12月期の完売物件は「TOHOマンションスプラウト仲原U」(東峰住宅、41戸)、「アムール篠栗」(中村建設、47戸)の2棟。
  周辺都市部の12月までの需給動向累計(速報値)は総供給戸数3280戸に対し、販売1865戸で販売率は56・9%となっている。

  北九州都市圏(北九州市および周辺部)12月期の総供給戸数は1703戸。内訳は▽繰越在庫1676戸▽新規供給27戸。平均販売率は8・5%。月末残戸数は1558戸で前月比118戸減、前年同月比では319戸増加している。
 12月期の完売物件は 「The Place 自由ヶ丘」(アースティック、49戸)、「以和貴マンション金田」(以和貴商事、52戸)、「ホワイトキャッスル楠木」(東宝住宅、77戸)の3棟。 新規に供給されたのは「グランドパレス小倉白萩ヒルズ」(第一交通産業、総89戸/第1期・27戸)。 初月で6割超の成約と、順調な滑り出しをみせている。
北九州都市圏12月期までの需給動向累計(速報値)は総供給戸数3882戸に対し販売2324戸で販売率は59.9%となっている。 12月期における福岡都市圏(福岡市および周辺都市部)の総供給戸数は4559戸。内訳は▽繰越在庫4317戸▽新規供給242戸。販売は744戸で▽繰越在庫分671戸▽新規供給分73戸の内訳。平均販売率は16・3%であった。 月末残戸数は3815戸。
前月比502戸減少、前年同月比では548戸増加している。 福岡都市圏の12月期までの需給動向累計(速報値)は総供給戸数1万880戸に対し、販売7065戸で販売率は64・9%となっている。
←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright