フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2006年11月17日号の主な記事
[平成18年度福岡県内高等学校・専門学校生による建築設計競技」表彰式
社団法人福岡県建築士事務所協会(福岡市博多区博多駅東3丁目、西 征治会長)が主催する「平成18年度福岡県内高等学校生並びに専門学校生による建築設計競技」(協賛=財団法人福岡県建築住宅センター、後援=福岡県、福岡県教育委員会、北九州市、福岡市、フクニチ住宅新聞社など)の入賞者への表彰式が、10月25日午後3時から、福岡市のアクロス福岡1階円形ホール(福岡市中央区天神1丁目)で開催された。
式には福岡県下の高校生、専門学校生、審査委員、協会役員、報道関係者ら多数が出席した。この建築設計競技は「福岡県下の高等学校生・専門学校生の建築設計に対する技量や考え方の向上を図るとともに、福岡県建築士事務所協会の存在を広くアピール」するために開催されており、本年度で29回目を迎える。

本年度の課題は高等学校生の部が「住宅地に建つ子育て支援センター」、専門学校生の部が「住宅地に建つ子育てと生活の支援センター(副題)多世代間交流事業の社会福祉施設」。応募総数は高等学校生の部が5校・62点、専門学校生の部が7校・171点で総数233点の力作が集まった。前年度から応募校が1校、応募数も47点増加している。 審査会は9月25日に福岡建設会館で行われ、知事賞、福岡県教育委員会賞などの各賞の受賞者が選考された。

個人賞「高等学校生の部」では知事賞に江崎ひかるさん(有明工業高等専門学校3年)、福岡県教育委員会賞に下川紘子さん(同3年)、福岡県建築住宅センター理事長賞に大場雅司さん(浮羽工業高等学校3年)、会長賞に加藤 翼さん(福岡工業高等学校2年)、福岡県建築士会会長賞に田中美帆さん(浮羽工業高等学校3年)をはじめとして金・銀・銅・佳作・入選22名に賞状と記念品が授与された。





「専門学校生の部」では知事賞に隅谷英士さん(福岡デザイン専門学校1年)、福岡県教育委員会賞に戸塚瑠美子さん(福岡建設専門学校2年)、福岡県建築住宅センター理事長賞に西原遼平さん(同2年)、会長賞に江上功さん(福岡デザイン専門学校2年)、福岡県建築士事務所協会会長賞に井手佳奈子さん(麻生工科デザイン専門学校1年)をはじめ金・銀・銅・佳作・入選の22名に同じく賞状と記念品が手渡された 。



また、団体賞では「高等学校生の部」で優秀学校賞に有明工業高等専門学校、学校努力賞に浮羽工業高等学校、「専門学校生の部」では優秀学校賞(フクニチ住宅新聞社賞)に福岡デザイン専門学校、学校努力賞に福岡建設専門学校が選出され、表彰状と記念品がそれぞれ授与された。 受賞者を代表して「専門学校生の部」で知事賞を受賞した隅谷英士さんが「将来、建築を志す者として、幅広い視野で物事を考える機会を得られたことは貴重な経験となりました。この受賞を出発点として、さらなる研鑚に努めて行きたいと考えています」と謝辞を述べた。
←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright