フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2006年11月10日号の主な記事
2006年上半期・福岡県業者別着工調査


2006年上半期、福岡県『業者別着工実績調査』(フクニチ住宅新聞第65回調査)の総合集計結果がまとまった。この調査は福岡県下の各土木事務所(政令2市および久留米、大牟田市は市建築審査課)に提出された「建築計画概要書」に基づいており『業者実績』の対象となるのは「個人住宅(専用、併用住宅)の新築」のみで、増改築、共同住宅および非住宅は含まれていない。また、無指定地域などにおける工事届出のみの着工も原則として含まない。なお、「建替」は新築扱いとする。

 福岡県・06年上半期の建築確認総数は9862件。05年下半期には過去5年・10期中で最多の件数(9972件)まで回復をみせたが、当期は減少に転じている。
 しかし、減少率は1.1%と小幅で、件数は9000件台後半で維持されている。 個人住宅・新築」は6213件。前年同期・前期水準をともに上回り、過去5年・10期中で最多の件数に回復した。ブロック別にみると福岡都市圏および県南地区は前年同期・前期水準を上回っているが、これ以外の北九州都市圏、筑豊地区は両期水準をともに下回り、ブロック間の格差が見受けられる。  
『業者実績』
首位は401棟の実績でタマホームであった。前期実績を僅かに下回ったが、福岡都市圏、筑豊、県南地区で首位に立ち2期連続で首位を堅持した。
2位は362棟の実績で積水ハウス。北九州都市圏で首位。福岡都市圏、筑豊地区では2位に付けている。
3位はセキスイハイム。230棟の実績を残した。前年同期および前期実績を上回っている。特に福岡都市圏で実績を伸ばした。
4位は大和ハウス工業、実績は203棟。県南地区では健闘し、2位に付けている。
5位は172棟の実績でミサワホーム。北九州都市圏、筑豊、県南地区では前年同期および前期実績をともに上回っている。
6位は142棟の実績でパナホーム。県南地区では前期実績から若干後退したが、他のブロック全てで前期を上回る実績を残している。 1位から6位までは前期のランキングと同順になっている。
7位は谷川建設。実績は129棟。前年同期・前期実績をともに上回っている。同社は筑豊地区での実績が伸び悩んでおり、今後同地区での実績増がランクアップへの鍵になると思われる。
8位はベスト10初登場の一建設(東京)。実績は全て分譲着工実績で105棟。05年下半期に福岡の住宅市場に参入し、福岡都市圏を中心に分譲住宅を大量に供給、前期31位から一気にベスト10入りを果たした。
9位は104棟の実績でユニバーサルホーム・グループ。前期実績からやや後退したがベスト10圏内にとどまった。
10位はベスト10内で唯一の地場業者、昭和建設。実績は100棟。地元の県南地区での実績は伸び悩んだが、福岡都市圏では積極的な展示場展開により2期連続の増加となっている。
←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright