フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2006年10月06日号の主な記事
西鉄、注文住宅でも攻勢
西日本鉄道は、このほど注文住宅用の新商品『360(サンロクマル)サークル』の、「那珂川モデルハウス」(筑紫郡那珂川町王塚台1丁目)と「黒崎モデルハウス」(北九州市八幡西区皇后崎町1丁目)を同時オープンした。両モデルハウスを拠点に福岡、北九州地区で営業を展開していく。同社はこれまで分譲住宅を主力にしており、ブランド名の「西鉄ホーム」は、福岡県戸建分譲住宅着工ランキング5年連続1位(05年・151戸、本紙5月26日掲載)の実績を誇る。注文住宅専用のモデルハウスの拠点をつくったのは初めてのこと。団塊ジュニアをターゲットにした『360サークル』の大攻勢が注目される。

注文住宅用の新商品『360サークル』は、「60通りのプラン」、「3通りの外観」、「2つのグレード」をそれぞれ用意しており、合わせて60×3×2=360通りの中から好みのタイプを選択できるというセミオーダープランを採用している。
「60通りのプラン」は、若い世代の人たちからいろいろな意見を聞いて厳選した。プランは「家族の顔が見えるプラン」、「子育て支援プラン」、「自由な空間があるプラン」という3つのコンセプトによる。@ql 例えば、家族の見えるプラン」は、家族のコミュニケーションをより密にする間取りなど。「子育て支援プラン」は、子どもの様子がすぐ分かるような間取りなど。「自由な空間があるプラン」は、家族の成長に合わせて自在に変化できる空間など、というようにそれぞれ工夫されている。

「3通りの外観」は、白を基調に紺や茶の色でアクセントを付けた「シンプルモダン」、伝統的な和の趣にモダンを融合させて現代風にアレンジした「和モダン」、モダンな外観に上質でクラシカルな味わいも取り入れた「コンテンポラリー」となっている。 「2つのグレード」は、「ミドルグレード」と「ハイグレード」。ミドルグレードは例えば、警報機能付きのマグネット式センサーや勝手口の人感センサースポットライトなどのセキュリティ体制、ウォシュレットの暖房洗浄便座、健康に配慮した換気システムなどの仕様・設備を付けている。
ハイグレードは、リビングダイニングに開放感のある2・6mの天井高、動画録画機能付きインターホン、センサーで侵入者をキャッチするセキュリティシステム、傷がつきにくいフローリング、床暖房、タンクレス暖房洗浄便座など上質な仕様・設備を整えている。

また、『360サークル』は、「守る家」と「深呼吸する家」という2つのテーマを持つ。「守る家」は防犯装備や自動火災報知器などを備えたセキュリティ。「深呼吸する家」は、新鮮な空気を取り入れて、汚れた空気を排出する24時間換気システムを採用した。
建物は基礎工法など見えない部分にもこだわり、遮音性や耐震性、耐火性、通気などに配慮した。例えば、二重床の1階床、吊天工法の1階天井・2階床、壁内通気工法、基礎パッキング工法、耐久性を上げる鋼製束、ベタ基礎、性能の均一性、耐火性、高い気密性・断熱性、耐震性などといった点に配慮している。

さらに、『360サークル』は、従来の西鉄ホームにはなかった20年間、負担無しで保証する「長期保証システム」を採用。10年目で無償点検を行い、主要構造部分や雨水の侵入を防ぐ部分において修理の必要があれば無償で補修を実施し、その後10年間は自動延長される。20年目以降は任意延長となる。ほかに「長期点検システム」と「設備機器長期保証システム」も採用している。

「那珂川モデルハウス」は、「子ども用寝室やプレイコーナーにマッチしたロフト、広いリビング・ダイニングを備えた「子育て支援プラン」で、白を基調に紺でアクセントを付けた「シンプルモダン」な建物。 面積は約133・(約40坪)、間取りが4LDK+ロフト・書斎スペース。
1階はワイドな玄関、ホール、洗面脱衣室、浴室、トイレ、LD17.2帖、K4.7帖、床の間・押入・内障子付和室8帖、テラスなど。2階は洋室3間(8帖、6・5帖、6帖)、スタディスペース(書斎)、トイレ、ロフト、クローゼット(3カ所)、物入、バルコニーなど。

注文住宅『360サークル』の価格は、概ね33坪台〜41坪台の建物で、ミドルグレードが1600万円台〜1900万円台、ハイグレードは1900万円台〜2300万円台となっている。@ql 西鉄はこれまで同社の分譲団地である「月の浦ニュータウン」(大野城市)、「美鈴が丘」(小郡市)、「桜美台」(宗像市)、「弥生が丘コットンヒルズ」(北九州市)、「美鈴の杜」(小郡市)などで分譲住宅をメインにして、注文住宅は分譲団地に建てる形でやってきたが、今回の『360サークル』は、同社の分譲団地以外の土地においても新築、建替え需要層に対応していくことにしている。
←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright