フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2006年8月25日号の主な記事
2006年(1〜3月)業者別着工実績
フクニチ住宅新聞が定期的に行っている「業者別着工実績調査」の=06年第1四半期(1〜3月期)「福岡県まとめ」(暫定値)を公表する。
この調査は福岡県下の各土木事務所(政令2市および久留米、大牟田市は市建築審査課)に提出された「建築計画概要書」に基づいており、『業者実績』の対象となるのは「個人住宅=(専用・併用住宅)の新築」のみで、増改築・共同住宅・非住宅は含まない。なお、「建替」は新築扱いとなる。

【建築確認状況】
06年第1四半期(1〜3月期)における福岡県の建築確認総数は4580件。前年同期(05年1〜3月期)と比較すると、総数で191件増加(+4.4)している。
個人住宅(新築+増築)総数は3078件。「新築」が2855件、「増築」が223件となっている。「新築」は▽一般1920件▽分譲427件▽建替508件の内訳。
前年同期との比較では、総数は159件増(+5・4%)で、「新築」は176件増加(+6・6%)している。内訳は▽一般152件増(+8.6%)▽分譲110件増(+34.7%)▽建替86件減(-14.5%)。「分譲」が大幅に伸びている。

【個人住宅】
『業者実績』の対象となる「個人住宅・新築」(2855件)を商圏ブロック別にみると▽福岡都市圏1474件(全県に占める割合51.6%=以下同)▽北九州都市圏609件(21.3%)▽筑豊地区191件(6.7%)▽県南地区581件(20.4%)で、福岡都市圏が全県の半数以上を占めている。
ブロック別に前年同期と比較すると▽福岡都市圏198件増(+15.5%)▽北九州都市圏56件減(-8.4%)▽筑豊地区1件減(-0.5%)▽県南地区35件増(+6.4%)。福岡都市圏と県南地区が伸びている。

【業者実績】
筑豊地区は06年第1四半期の福岡県における『業者実績』の首位は222棟の実績でタマホームであった。福岡都市圏(実績118棟=以下同)、筑豊地区(21棟)、県南地区(40棟)で首位となっている。北九州都市圏(43棟)では2位に付けている。
2位は175棟の実績で積水ハウス。北九州都市圏では首位(63棟)。3位は108棟の実績でセキスイハイム。4位はミサワホームで、実績は90棟。5位は81棟の実績で大和ハウス工業となっている。
6位には福岡都市圏で活発に分譲住宅を供給している一建設(東京)。実績はすべて「分譲」着工による69棟。7位は60棟の実績で谷川建設。8位はパナホーム、実績は56棟。9位には51棟の実績で住友林業と昭和建設が並んだ。昭和建設は地場業者トップとなっている。

11位以下の主な業者では、大手メーカーでは14位に一条工務店(実績35棟=以下同)、16位に旭化成ホームズと三井ホーム(29棟)、24位にトヨタホーム(19棟)、26位にエス・バイ・エル(16棟)、28位に三洋ホームズ(15棟)がランクされている。
主な地場業者では、12位にトーホーコーエイ(44棟)、13位に西鉄グループ(38棟)、15位に辰巳グループ(33棟)、18位に新日本ホームズ(26棟)、19位に悠悠ホーム(25棟)、20位にアスト、秀建、健康住宅(22棟)などがランクされた。
〔41位以下の主な業者〕
9棟=アーネストワン(東京)、センチュリーホーム、テクノ・ホーム、長崎材木店、駅前管理システム 8棟=トータテ、ウベハウス、馬場建設、有澤建設

【分譲ランキング】
06年第1四半期における福岡県下の分譲住宅は427件。都市圏別にみると▽福岡都市圏305件(全県に占める割合71.4%=以下同)▽北九州都市圏59件(13.8%)▽筑豊地区10件(2.3%)▽県南地区53件(12.4%)で、福岡都市圏での着工が7割以上を占めている。
前年同期と比較すると、総数で110件増(+34.7%)。地区別では▽福岡都市圏95件増(+45.2%)▽北九州都市圏2件増(+3.5%)▽筑豊地区/増減なし▽県南地区13件増(+32.5%)。福岡都市圏が100件近く増加しているが、福岡県の住宅市場に新たに参入した一建設が69棟、アーネストワンが11棟の着工実績で「分譲」件数を80件底上げしている。

『分譲業者ランキング』の首位は、昨年下期から福岡都市圏で分譲住宅の供給を開始した一建設。福岡市で22棟、旧筑紫地区で39棟、糸島、粕屋地区でそれぞれ4棟の実績を残している。
2位は西鉄グループ。福岡市、北九州市での「サニーヴィラ」シリーズでの展開。小郡市の「美鈴が丘」「三国が丘」などでの着工実績がみられる。
3位には29棟の実績で積水ハウスがランクされた。福岡市では「香椎山手通り」、糸島地区では「志摩トレディアニュータウン薫る坂」、北九州市では「パークサイドアベニュー中井」などで着工実績を残した。
4位は18棟の実績で高田屋と川崎ハウジング。高田屋は「うみなか」(福岡市東区)、「貴船ガーデンヒル」(粕屋郡宇美町)での実績。川崎ハウジングは自社の「トレステージ」シリーズを県南地区で展開した。
7位はアーネストワンと大和ハウス工業。実績は11棟。アーネストワンは06年3月に福岡市場に初参入、今後の動向が注目される。
9位には10棟の実績で秀建、富士開発、パナホーム、辰巳グループの4社がランクされた。
〔26位以下の主な業者〕
3棟=ブイハウス、池田商店、ディ・アンド・エイチ、トヨタホーム、ミサワホーム、九州八重洲興業、九州旅客鉄道、山根木材
←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright