フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2006年8月11日号の主な記事
[ヒルサイドアベニュー華里」の新住宅展示場

北九州市八幡西区の大型戸建団地『ヒルサイドアベニュー華里』(北九州市八幡西区北筑、500区画)は、7月22日、23日、29日、30日の期間に「第5回住宅祭」を開催。初日の7月22日には、参加ハウスメーカー17社による17棟の新住宅展示場を一般公開した。来年2月まで展示するが、すでに17棟のうち15棟が契約済の状況。団地は年間90〜100宅地を販売しており、現在約300宅地を消化するなど消費者の支持を得て「売れる団地」になっている。総合監修は(財)住宅生産振興財団(東京都港区虎ノ門、大津留温会長)


新しく完成した住宅展示場は、総合案内所や北筑高校バス停のそばで、幹線歩道付道路に沿った30街区にある。場所的には筑豊電鉄の「今池電停」や住民の憩いの場として人気の「永犬丸中央公園」に近い便利なところ。 新住宅展示場の北側は、既に入居済みの建物が並んでおり、南側は幹線歩道付道路に面している。北側宅地は南側宅地に比べて約2m高いため、良好な日照と庭のスペースを広く取れるなど北側宅地であっても、北側宅地でないようにできている。
住宅展示場17棟の土地面積は、242.91・(約73坪)〜294.23・(約89坪)と広めで、建物面積が117.58・(約35坪)〜148・(約45坪)。17棟のうち9棟が35〜39坪台、8棟が40坪台の建物。

住宅展示場は全体的に「実生活スケールの最新提案」を主張しており、特別な仕様で、大きな建物を、より良く見せようとするのではなく、実際に住む家として、比較検討できるようなユーザーサイドに立ったものになっている。 この住宅展示場は7月から来年2月までの8カ月間に渡って展示して、建築条件付宅地購入客にアピールしていくが、7月22日のグランドオープン時には、既に17棟のうち15棟を販売するなどユーザーの視点で捉えた「実生活スケールの最新提案」が好評である。

参加ハウスメーカー17社・17棟が持つそれぞれの特長の一部を見ると、谷川建設は4LDK+茶の間+W・I・C(木造軸組工法)を2棟出展した。30-2は「和室と茶の間にウッドデッキテラスを設置」。 ミサワホーム九州の4LDK+KURA(木質パネル工法)は、「蔵のある家。1階と2階に和室」。三洋ホームズの4LDK+書斎(軽量鉄骨造軸組工法)は、「キッチン、リビング、洋室を開放すると広々としたコミュニティスペース」。 明和の4LDK+キッズルーム(木造軸組工法)は、「23帖の広々LDK。収納力抜群」。積水ハウスの4LDK+書斎(軽量鉄骨造)は、「広いリビングは家族のコミュニティ空間」。 アースティックの4LDK+ロフト+S(木造軸組工法)は、「明るいリビング。ロフト付洋室」。トーホーコーエイの5LDK(木造J-wood外断熱工法)は、「20.8帖の広々リビングにガラス棚や収納カウンターを設置」。 住友林業の4LDK+茶の間+書斎+納戸(木造軸組マルチバランス構法)は、「茶の間のあるLDK。工夫がいっぱいの住空間」。

エス・バイ・エル九州の4LDK+納戸(木質パネル一体工法)は、「収納たっぷりの対面カウンターキッチン」。 辰巳住宅の4LDK(木造軸組<調湿断熱〉工法)は、「広いリビングに吹抜けとテラス」。大和ハウス工業の4LDK+納戸(トリプルコンバインドシステム)は、「採光豊かなリビング。自由自在な2階の洋室」。 パナホーム北九州の4LDK+W・I・C+書斎(軽量鉄骨造)は、「書斎コーナーや豊富な収納スペースで快適住空間」。セキスイハイム九州の4LDK+2納戸+W・I・C+書斎(2×6ユニット工法)は、「1階と2階に納戸を設けた収納たっぷりプラン」。 セルコホーム八幡の4LDK+S(木造枠組壁工法2×6)は、「斬新なデザインのリビングとウッドデッキ」。三井ホームの3LDK+ヌック+書斎(ツーバイフォー工法)は、「キッチンとリビングにホームオフィスとヌックを設けたプラン」。 新日本ホームズの4LDK+3S(ツーバイフォー工法)は、「吹抜けのある明るいリビング」。カンリュウホームの4LDK+W(在来工法)は、セットプラン例を提案している。

住宅展示場の植栽、外構は、これまでどうり「街づくりルール」に基づいて、安全で美しい街並みを維持していく。例えば、外構はクローズ的なものではなく、道路と宅地からお互いに見えるようにして、セキュリティの役割も果たすような防犯対策をとっている。
『ヒルサイドアベニュー華里』は、03年9月に分譲を始めて4年目になる。団地は「生活環境特区」と呼ばれるほど立地、利便性、自然など環境に恵まれて消費者の支持を獲得。30代を中心に年間90〜100宅地を販売するなど合わせて7月現在、約300宅地を消化している。

現在分譲中の建築条件付宅地43区画の土地面積は、200.45・(約60坪)〜395.50・(約119坪)で、価格が1304万円(千円以下略、以下同)〜2379円。坪単価は19万円〜26万2000円。
〔主な団地概要〕 ▽名称/ヒルサイドアベニュー華里▽所在地/北九州市八幡西区北筑一丁目、二丁目、三丁目▽交通/筑豊電鉄「今池電停」徒歩約2分▽用途地域/第1種低層住居専用地域▽地目/宅地▽建ぺイ率/40%(第1種低層住居専用地域)▽容積率/60%(第1種低層住居専用地域)▽開発面積/24.3ha▽総区画数/500区画(予定)▽施行者/北九州市永犬丸・則松土地区画整理組合▽販売代理/(株)マテリアル九州▽事業主/三菱マテリアル(株)

←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright