フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2006年8月4日号の主な記事
緒方氏と北里氏「黄綬褒章受賞記念祝賀会」
平成18年春の褒章で黄綬褒章を受章した緒方寳作(株)ユニカ代表取締役(九州住宅建設産業協会副理事長)と北里厚・北商事代表(前(社)福岡県宅地建物取引業協会副会長)両氏の受章記念祝賀会が、福岡市博多区のホテルで盛大に行われ、国会議員をはじめ地元政財界、業界関係者ら多数が出席、両氏の受章を祝福した。
両氏とも長年住宅の建設・販売や宅地建物取引業に携わるとともに、関係団体の要職にあって業界の発展に尽力、社会に貢献したことが認められ、受章となった。


緒方寳作氏の「黄綬褒章受章記念祝賀会」は、7月18日、午後6時30分から、福岡市博多区住吉のグランド・ハイアット・福岡、3階ザ・グランドボール・ルームで行われた。 祝賀会の発起人は、東精男・(社)九州住宅建設産業協会理事長(東宝住宅(株)代表取締役)を代表に、諸藤敏一・(株)コーセーアールイー代表取締役、矢納康行・(株)矢緒企画代表取締役、川邊信彦・(株)シティプラネット代表取締役、小杉康之・(株)コスギ不動産代表取締役の5氏。
「この度の受章は九住協並びに東理事長のご推挙と皆様のご指導のお蔭であり深く感謝しています。また、発起人各位の配慮により盛大な祝賀会を催して頂き身に余る光栄でありお礼申し上げます」 「私どもの会社のルールはただ一つ゛男はいい男をめざす、女はいい女をめざす″ということです。そうならないと、いい国、いい会社、いい家庭はできません。私はまだ未熟者でいい男になれていませんが、この受章を励みに、今迄以上に努力を重ねていきたいと思っています。一層のご指導、ご鞭撻をお願いします。

緒方氏の謝辞の後、釜井健介・豊前市長の乾杯の音頭で祝宴に移り、緒方氏の受章を祝った。祝宴では、山崎拓・衆議院議員をはじめ政財界からの多数の祝電が披露された。 緒方寳作氏は、昭和45年4月に(株)大蔵屋入社、56年8月に同社を退職後、同年9月にC&E福岡センター設立、代表者に就任した。58年に(株)西日本住センターに社名を変更、代表取締役就任、さらに平成3年8月に社名を現社名の(株)ユニカに変更、代表取締役として、創業以来一貫して住宅の建設・販売事業に専念し、住宅の質の向上と住環境の整備に努めた。 また、近年は賃貸・管理、介護付有料老人ホーム事業にも参入、社業の発展を図るとともに、平成12年4月に(社)九州住宅宅地経営協会(現(社)九州住宅建設産業協会)副理事長、同協会福岡県支部長の要職に就任、協会組織の拡充と国や自治体に対し働きかけの強化に努めた。 同年5月に上部団体の(社)全国住宅宅地協会連合会理事に就任、平成16年からは(社)全国住宅建設産業協会連合会理事として、全国的ネットワークの整備を促進、連合会活動の円滑な運営と地方協会の発展に尽くす一方、国の住宅対策に沿った住宅・宅地事業を推進、業界の地位向上と社会の福祉の増進に貢献した。 平成15年7月、建設事業関係功労者として国土交通大臣表彰を受賞した。

一方、北里厚氏の「黄綬褒章受章記念祝賀会」は、7月15日、正午から、福岡市博多区下川端町のホテルオークラ福岡、4階・平安の間で行われた。 祝賀会の発起人は、松尾宣文・(社)福岡県宅地建物取引業協会会長を代表に、日野高明・(社)福岡県宅地建物取引業協会中央支部長、副島勲氏(友人代表)の3氏。 北里氏(57)=は昭和46年7月、福岡市中央区警固で北商事を創業、爾来35年間地域密着型の堅実経営で事業を発展させてきた。 福岡県宅建協会の役員としては、昭和59年に中央支部班長としてスタート、ブロック長、副支部長を歴任、平成10年度から3期連続支部長を務め、リーダーシップを発揮、現在は支部の相談役として役員のより所となっている。 県本部の役員としては、平成3年度に理事、6年度から常務理事、12年度から3期に亘り副会長を務めた。この間、(社)全国宅地建物取引業保証協会福岡本部幹事及び副本部長を歴任。また、平成3年に(社)全国宅地建物取引業協会連合会代議員、14年に全宅連理事に就任。全宅保証協会の代議員、理事を務めた。 平成8年に福岡県知事感謝状、平成16年に国土交通大臣表彰を受賞した。また、国税庁の土地評価委員として社会に貢献している。

「本日は多くの方にこのような素晴らしい祝賀会を催して頂き感謝にたえません。私の人生のページに記録に残る思い出として心に刻んでいきたいと思います」 「私がこの道に入ったのはアルバイトがきっかけで昭和44年でした。私がここまでこれたのも皆様の本当に温かいご支援とお引き立てがあったからこそと思っています。私がモットーとしているのに゛向上一路に終点なし″という言葉があります。この言葉を自分に最後まで言い聞かせながら勉強して精進し、協会のため、また地域のために尽くしたいと思います。今後ともご指導、ご鞭撻をお願いします」 北里氏の謝辞のあと向井功前福岡県宅建協会会長の乾杯の音頭で祝宴に移り、友人、家主、自治会の代表者まで参集して、なごやかに北里氏の受章を祝った。
←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright