フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2006年7月14日号の主な記事
2006年1〜3月北九州市業者別着工実績
06年第1四半期(1〜3月期)における、北九州市の「業者別着工実績」(暫定値)がまとまった。この調査は北九州市建築審査課に提出された「建築計画概要書」に基づいており、『業者実績』の対象となるのは「個人住宅(専用・併用住宅)の新築」のみで、増改築および共同住宅、非住宅などは含まない。なお、「建替」は新築扱いとなる。
建築確認状況
北九州市におけ06年第1四半期(1〜3月期)の建築確認総数は655件。前年同期(05年1〜3月期)と比較すると69件減少(-9.5%)している。 個人住宅の総数は435件で▽新築396件▽増築39件の内訳。「新築」は▽一般291件▽分譲48件▽建替57件の内訳。 「新築」を前年同期と比較すると、件数で67件減(-14.5%)で▽一般52件減(-15.2%)▽分譲3件減(-5.9%)▽建替12件減(-17.4%)。すべての種別が減少している。
[個人住宅・新築]
『業者実績』の対象となる「個人住宅新築」の396件を行政区別にみると▽門司区23件(北九州市全体に占める割合5.8%=以下同)▽小倉北区(53件13.4%)▽小倉南区98件(24.7%)▽若松区57件(14.4%)▽八幡東区24件(6.1%)▽八幡西区118件(29.8%)▽戸畑区23件(5.8%)。 前年同期との比較では小倉北、同南、若松、八幡東の4区が増加している。一方、主導の八幡西区は前年同期比56件の大幅減(-32.2%)となっている。 「個人住宅・新築」は400件台を割り込み、四半期ベースでみると、04年以降での最低水準に下落している。

業者実績
北九州市における06年第1四半期の『業者実績』首位は、52棟の実績で積水ハウスであった。小倉北区では「パークサイドアベニュー中井」を中心に、24棟の実績を残している。 2位は27棟の実績でタマホーム。八幡東区を除く全区で着工実績を残した。3位は26棟の実績でミサワホーム。小倉南区では10棟の実績で首位となっている。 4位は地元のトーホーコーエイ、実績は24棟。若松区の「青葉花野路」「パークタウン折尾」を軸とした展開をみせた。5位大和ハウス工業。実績は20棟。門司区を除く全区で実績を残している。 6位谷川建設。実績は19棟。「学術研究都市ひびきの」(若松区)、「折尾さつき台」(八幡西区)、「ヒルサイドアベニュー華里」(同)などでの着工がみられた。 7位セキスイハイム。実績は15棟。小倉南区、八幡西区を軸に展開。それぞれ6棟の実績を残している。8位は13棟の実績でパナホーム。戸畑区の「リビオタウン一枝・学園前」で3棟の着工がみられた。 9位は11棟の実績で住友林業10位には9棟の実績で西鉄グループと地元のアースティックがランクイン。西鉄グループは自社開発団地での分譲供給が中心。アースティックは「パークタウン折尾」を軸に展開。この他、「ヒルサイドアベニュー華里」、「ハミングタウン上の原」(八幡西区)でも実績がみられた。 位以下の主な業者では、大手メーカーでは13位に三井ホーム(実績6棟=以下同)、14位・旭化成ホームズ(5棟)、三洋ホームズ(同)。地場業者では12位にブイハウス(8棟)、14位・オーナーズ・ホーム(八幡西区、5棟)、17位に4棟で辰巳グループ、新日本ホームズ、第一交通産業などがランクされている。
←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright