フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2008年1月25日号の主な記事
2007年7〜9月・宗像地区着工状況

 本紙では「福岡県・業者別着工実績調査」の2007年第3四半期(7〜9月期)実績調査を1月11日から掲載しているが、本号の「宗像地区」と「旧筑紫・朝倉地区」掲載により「福岡都市圏」分が終了した。これに伴い、中間集計(暫定値)として同都市圏の「07年第3四半期まとめ」と『業者実績』(第3四半期/地区累計)および・分譲住宅ランキング』を併せて掲載する。

 福岡都市圏、07年第3四半期の建築確認総数は1869件。前年同期(06年7〜9月期)比で592戸減少(24・1%)している。建築確認件数は、景気の回復基調を背景に04年から06年まで3年連続で増加していたが、07年に入ると、反動から確認件数は後退。さらに、昨年6月20日から施行された改正建築基準法による現場の混乱から、1〜3号建物の件数が大幅減となり、第3四半期は四半期ベースで2000件を割り込んだ。

 個人住宅の総数(新築+増築)は1395戸。「新築」が1340件、「増築」が55件の内訳。「新築」は▽一般846件▽分譲343件▽建替151件の内訳になっている。「新築」の1340件を地区別にみると▽福岡市572件(都市圏全体に占める割合42・7%=以下同)▽糸島地区87件(6・5%)▽粕屋地区216件(16・1%)▽宗像地区126件(9・4%)▽旧筑紫地区269件(20・1%)▽朝倉地区70件(5・2%)。  

 【分譲住宅】 

 07年第3四半期の「分譲住宅」は343件。都市圏内の地区別にみると▽福岡市131件(都市圏全体に占める割合38・2%=以下同)▽糸島地区20件(5・8%)▽粕屋地区75(21・9%)▽宗像地区23(6・7%)▽旧筑紫地区67(19・・5%)▽朝倉地区27件(7・9%)。

 前年同期比との比較では、都市圏全体で28件増加(+8・9%)しており、地区別では▽福岡市8件減(-5・8%)▽糸島地区1件増(+5・3%)▽粕屋地区11件増(+17・2%)▽宗像地区23件減(-50・0%)▽旧筑紫地区27件増(+67・5%)▽朝倉地区25件増(+1250・0%)。福岡市、宗像地区を除くすべての地区が増加している。

 福岡都市圏、07年第3四半期の「分譲住宅ランキング」首位は45棟の実績でアーネストワン。前年同期も71棟の実績で首位。当期は供給を絞っている。2位は一建設。実績は28棟。3位は23棟の実績でアストと西鉄グループが並んでいる。5位は富士開発と西日本ビル。実績は17棟。西日本ビルは朝倉地区の「美奈宜の杜」での供給実績。

 7位は16棟の実績でトータテ。糸島、粕屋地区で実績を残した。8位は積和不動産九州。実績は太宰府市での12棟。9位は秀建。福岡市内で11棟の実績を残している。

 10位は10棟の実績で飯田産業九州と西室見開発が並んでいる。飯田産業九州は福岡市を中心とした展開。西室見開発は「イトーピア彩都」(福岡市)での実績。

←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright